【スッキリする・食事も美味しく・謙虚になれる】掃除について

■今日は自宅の掃除をしてスッキリ

こんばんは。いけぶくりーまんです。

本日は休日でしたので、午前中に自宅の掃除をしました。

整理・整頓・掃除は基本中の基本ですが、やっぱり掃除をするとスッキリします
仕事の日はなかなか掃除をすることができず、早く起きた朝に軽くやる程度なので、基本は休日にします。

休日を有意義に過ごすためには、朝一で掃除をするのが一番です。
掃除をしないで、テレビ・読書・遊びに行くと、どこかで「あー、まだ掃除してない」と思っているのでスッキリしません。
逆に朝一で掃除を終わらせると、そのあとの遊びなども勢い良く楽しめます。

また、掃除後の綺麗な部屋で食べる食事は、とても気分が良くて、美味しいですね。
平日の時間がない時も、夕食前に最低限、テーブルを整理・整頓して、拭くようにはしています。

■会社の掃除も率先していつまでも謙虚に

自宅の掃除をするのは、当然自分がしなければいけないですが、会社はどうでしょうか。
会社によっては掃除は業者に委託していたり、誰がどこをやるかなどははっきり決まってなかったりするかもしれません。

よく掃除がお店の売り上げに大きな影響をしていると言われます。
また、松下電器創業者の松下幸之助さんやイエローハット創業者の鍵山秀三郎さんなど偉大な経営者は率先してトイレ掃除をしたとよく聞きます。

トレイ掃除がビジネスに大きく影響していると言えますが、理由はなぜなんでしょうか。
よく言われるのは、整理・整頓され、業務が効率的に進むからでしょう。
または、社員のモラル・連帯感が増すためでしょう。

あとは、他人も利用するトイレなどの共有スペースを掃除することは、他者を想って行う行動であるため、その精神がサービス向上などにつながるという見方もできます。
自分がやらなければいけないという訳ではない、誰かがやってくれるかもしれない箇所を率先して掃除することが、相手・他者を思いやることにつながり、その精神がお客様を満足させるサービスにつながるという考えです。

個人的には、トイレ掃除などを率先して行うことは謙虚であり続けるコツなのかなと思います。
経営者だけでなく、部下を持つようになると上に立つ訳ですが、横柄であってはうまく行くはずがありません。

部下を持ち色々指示をしたり、仕事が溜まってくるとだんだん横柄になったりで、謙虚でいることが難しいです。
ただ、謙虚でなければ、向上できないし、当然うまくいかないです。

トイレ掃除をする姿を周りに見せることによって、その姿勢が皆に伝わります。
ただ、それよりも、誰がやってもよく・人が嫌がるトイレ掃除を率先して取り組むことで、天狗にならずに謙虚な心をを維持できるのかと思います。

自宅・会社とも、率先して掃除をして、スッキリ・謙虚な気持ちで仕事・遊びをしていきたいものです。

ご覧いただき、ありがとうございました。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする